徹底した衛生管理

大切な人に安全で安心なものをたべてほしい。
そんなあたりまえのことを、モンテールは追求し続けています。
衛生管理の厳しさが“やさしさ”の証。
厳しい自主基準のもと徹底した管理をし、商品を作っています。

法律より厳しい自主基準

モンテールは、法律が定める衛生基準よりも、自主基準を厳しく設定しています。法律の定める「一般生菌数10万個以下」で十分無害ですが、モンテールでは限りなく無菌に近い「一般生菌数300個以下」を目指して管理しています。

限りなく無菌を追求したクリーンルーム

限りなく無菌のスイーツを作るために、製品の仕上げは「クリーンルーム」と呼ばれる場所で行っています。細かい浮遊物も除去する「Hepa(ヘパ)フィルター」で、清浄化された空気だけを送りこみ、気流を管理しています。

衛生管理のルール徹底

安全安心で衛生的なスイーツをお届けするため、工場の従業員の衛生面にも細心の注意を払っています。

工場内スタイル

工場に入るまでの大まかな流れ

  • 1

    抜けかけのまゆげ・まつげを吸い取る

    まゆげ・まつげは専用の器械で抜けそうなものをあらかじめ除去します。
  • 2

    身だしなみチェック

    鏡で髪の毛のはみだしがないかなどをチェックします。
  • 3

    ローラーがけ

    全身にローラーをかけて髪の毛や糸くずなどを徹底的に除去します。靴を脱いで靴下までしっかりかけます。
  • 4

    エアシャワー

    ローラーがけでとり切れなかった微細な塵も風で吹き飛ばし、工場へ持ち込みません。
  • 5

    手洗い

    手洗いも徹底的に。素手を洗い、消毒した後に、手袋をして再度洗い、消毒します。
  • 6

    自己チェック

    入場前は自己チェック。体調確認の他、コンタクトレンズや歯の欠けがないかなど、異物混入につながる可能性があるものも確認します。